Hamdel


札幌のアラブカフェ。水パイプは主にアラブ諸国で目にする文化的な喫煙具。 世界的にも香りが良いと評価されており、知名度の低い日本でも広まりつつあります。 50種類以上ものフレーバーがあり、定番のフルーツ類からカルダモン、シナモン、などのスパイス類、バニラ、ジャスミン、リコリスなどのハーブ類。コーラ、カフェオレなど変わったものもあります。

名称水パイプ専門店 Arguila cafe
住所北海道札幌市中央区南三条東1丁目 のれん横丁 2F Google Map
URLhttp://www016.upp.so-net.ne.jp/s_arguila/

水パイプ専門店 Arguila cafe
北海道札幌市中央区南三条東1丁目 のれん横丁 2F
大きな地図で見る






この情報は一般投稿された情報です。

情報に誤りがある場合は編集や削除ができます。

編集 削除依頼

札幌 シーシャカフェ アルカマル
北海道札幌市北区北6条西8-8-11 レジデンスコマチ1F西号室
札幌駅から徒歩数分の場所にあるシシャカフェ。札幌では、まだ珍しい『水タバコ』の専門店です。昼間からシシャが楽しめます!!一人で..
続きを見る

水タバコ(みずタバコ)はペルシアで発明され イスラム圏で大成した喫煙具の一種といわれています。 水煙管(みずぎせる)や水パイプ(みずパイプ)とも呼ばれ、 レバノンでは「ナルギレ」、インドでは「フーカ」などと呼ばれています。 日本では愛好家の方々からシーシャと呼ばれたりしています。 シーシャとはエジプトを始め北アフリカの マグリブ諸国で主に用いられる名称であり ペルシア語で「ガラス」を意味する(シーシェ)が語源だと考えられています。 水タバコ(みずタバコ)は友人や家族・親戚の人々とのくつろぎの時間に 日々のストレスから開放されるよう何世紀にもわたって使われてきています。 紙巻たばこが容易に手に入るようになってから衰退してきていますが、 愛好家が機器をオブジェとしてコレクションしたり 日本でもレストランやカフェなどで体験できたり 嗜好品として販売されたりもしています。 「水タバコ/シーシャ」の魅力はその軽やかな味わいです。 ニコチンを抜いたタバコの葉をシロップ漬けにしたフレーバーからは、 「タバコ」という言葉からイメージされる煙臭さではなく、甘い香りのする煙や フレーバーを楽しめゆったりした時間を過ごせるところが魅力です。 近年、カフェやバーなどでも、提供するお店が増えています。

水タバコの魅力

● ノンタールでニコチンはわずか0.5%以下という、軽いタバコ ● 煙に味があるといった新感覚が楽しめる ● のんびり吸いながら過ごす不思議なほどゆったりした時間が魅力

水タバコについて

北海道でシーシャ・水タバコが吸えたり、体験できたり、購入できるお店の情報を募集しています。
不適切な情報などありましたら、お知らせください。

情報登録(無料)